前衆議院議員 愛知和男の公式サイト:

ホーム >  

平成憲法【愛知私案】

愛知和男は、ライフワークとして日本国憲法を追究、『新しい憲法をつくる国民会議』会長、また自民党憲法調査会常任顧問として、新憲法を提案してまいりました。

現在は「平成憲法【愛知私案】・第四次改訂」を公表しています(以下はその前文です)。


【前文】




 我が国は、建国以来、天皇を国民統合の象徴とする我が国特有の国家体制のもとで、国民が力を合わせ、幾多の苦難に遭遇しながらもそれらを克服しつつ、生成発展を遂げてきた。

かかる歴史の中で、われわれの祖先は、他国の文化に敬意を払いつつ、これらを受け入れ、消化し、同化しつつ、我が国独自の文化を築き上げてきた。とりわけ、人の尊厳を重んじるがゆえに人の和を尊び、自然を畏敬するがゆえに自然との調和を図る文化である。更に他文化を尊重するがゆえに、平和を希求する文化である。

このような「他者を思いやる精神」こそ、我が日本国の文化の精華である。

われわれは、今後も、天皇を国民統合の象徴とする我が国特有の国家体制を堅持しながら、日本文化の精華である「他者を思いやる精神」をもとに、世界に開かれた社会、「自由と平等」「権利と責務」を、理性をもって均衡させた真正な民主主義社会、そして、われわれに続く世代の幸福を念頭に置いた持続可能な社会の実現を期する。

併せて、世界の抱える数多くの難題が解決され、この地球に住む人類が等しく平和で豊かな生活を送ることができるように、われわれは、国際社会で積極的な役割を果たしていく。

われわれは、日本国民の至高の自主的意志により、二十一世紀を「平和の世紀」たらしめるために全力を尽くすことを、新しい憲法をもって、ここに宣言する。


平成憲法・愛知私案のダウンロード

「平成憲法【愛知私案】・第四次改訂」全文をPDFファイルでダウンロードするかたは、こちらからお願いします。(約2.6メガバイト)

「平成憲法【愛知私案】・第四次改訂」をワード文書でダウンロードするかたは、こちらからお願いします。


プライバシーポリシー

準備中です。

愛知和男「オピニオンレター」

購読のご案内

準備中です。